住宅イラスト

不動産売却は悩まずに行ないましょう|カシコク手放す

競売にかけられない方法

住宅

市場価格で売り出せる

マイホームを購入する時にはほとんどの人が住宅ローンを組みます。順調に返済していれば問題ありませんが、リストラや事業の失敗などで借金を抱えるとローンが支払えなくなります。その時に行われるのが任意売却です。任意売却が人気なのは、一般の不動産売却と同じように売り出せるからです。任意売却をしないと債権者に差し押さえられて裁判所によって競売にかけられてしまいます。競売は市場価格よりもかなり安い値段で売られてしまいます。それよりも任意売却した方が高く売れるので人気があるのです。もし高く売れれば借金の返済に充てることもできますし、転居のための引っ越し費用を捻出することも可能です。競売にかけられたら借金が残るだけです。

弁護士に早めに相談する

任意売却するには債権者の同意が必要になりますが、弁護士事務所などに相談すれば交渉してもらえます。また不動産業者の中には任意売却物件を専門に買い取ってくれるところもあります。その場合は通常の不動産売買とは違って、買取額が低くなります。早く売却したい場合はそのような不動産業者に売るのが一番です。また任意売却の仕方によってはその家に住み続けることができます。例えば両親や兄弟や親類に買ってもらうのです。そうすれば賃料を支払いながら、その家に住み続けることができます。大事なことは住宅ローンが支払困難になったら早めに弁護士事務所に相談して、任意売却の手続きをすることです。最近の不透明な経済状況の中、今後はローンの支払いができなくて任意売却という方法をとる人が増えていく可能性があります。