住宅イラスト

不動産売却は悩まずに行ないましょう|カシコク手放す

設計やデザインの自由度

手の上の住宅模型

設計事務所で注文住宅の設計を依頼する最大のメリットは、設計やデザインに関する制約が法令と予算以外に一切ないという点です。そしてこの設計やデザインに関する高い自由度は、施主の家族のライフスタイルやライフプラン、そして土地の環境に合わせてゼロベースからプランニングを行うことによって有効に活用することができるのです。このようにゼロベースから注文住宅の設計やデザインを行う設計事務所のスキルを最大限に発揮してもらうためには、基本仕様をベースに設計を行うハウスメーカーに依頼をする場合よりも、施主にとっての注文住宅に対する理想像やこだわりたいポイント、取り入れたい機能や仕様などの情報を、施主側が予めより詳しく具体的な形に整理しておくことが大切です。

このような設計事務所の設計に関する自由度の高さは、狭い土地や歪な形の土地ほど効果を発揮しやすいという特徴があります。従って、地価が高い上に狭い土地物件の多い東京のような都心部ほど設計事務所の優位性が発揮しやすいのです。特に東京の土地の場合、売りに出される土地物件の絶対数も需要に比べて少ないため、狭い上に形の歪な土地が売れ残っているというケースも少なくありません。またこのような東京の狭い上に形の歪な土地は同じ面積で形の整っている土地と比べて大幅に割安な価格で販売されるという傾向があります。従って、東京の狭く歪な形の土地の場合、注文住宅の建築コストの総額がハウスメーカーや工務店と比べて割高になりやすい設計事務所であっても、法令と予算以外の制約を受けない自由な設計によって、同じ面積の形の整った土地を購入してハウスメーカーや工務店で注文住宅を建築する場合よりも、施主が満足する間取りでありながら、土地の購入費用と注文住宅の建築費用を合算すればコスト面でも却って割安になるというケースも少なからず起こり得るのです。